デジタル時代における便利な写真の保存法と観賞法

デジタル化の流れはアルバム一辺倒の時代を覆して

大切な写真を長く保存したいと思う時、真っ先に思い付くのはプリントした写真を綺麗にファイルするアルバムですよね。かつて銀塩フィルムから直接現像しプリントアウトするしか方法が無かった時代ではこの方法が最もポピュラーであり、どの家庭にも数冊はその歴史を網羅したアルバムが保存されていたものです。しかし現在では、よりコンパクトかつニーズに応じていつでも好きな数量をプリントアウト出来るデジタル撮影が主流となっており、その保存方法にも大きな変化が見られています。

画像データとして劣化の無い保存を

デジタル撮影による画像ファイル形式の保存は、銀塩フィルムとは異なり長期保存におけるデータの劣化が全く無いという大変大きなメリットがあります。一部ではまだ銀塩フィルム程の表現力に達していないという意見も聞かれますが、現時点でも画素数やレンズの解像度、画像処理能力を始め、デジタルカメラやその周辺機器の性能向上は著しく、高級モデルであればそのデメリットさえ打ち消す事が出来る段階にまで達しているのです。とは言え一般の記念撮影程度の撮影や画像保存であればエントリーモデルのカメラやソフト・メモリで十分対応が可能でしょう。

デジタルフォトフレームを利用しアルバムを見る感覚で

外付けの記憶媒体にこれら撮影画像ファイルを保存しておけば、あえて紙媒体にプリントアウトしなくともそれらの画像を連続して観賞出来るアイテムも充実しており便利なもの。その代表格がデジタルフォトフレームで、記憶媒体を背面にセットしさえすれば、そこに記憶された全ての撮影画像を順番かつランダムにフレームに表示させ、あたかもアルバムをめくり眺める様な感覚で観賞する事が可能です。部屋のインテリアとしても最適であり、今後の写真観賞の主流となってゆく事でしょう。

今の時代では、簡単にフォトブックをつくることができます。スマホなどからも簡単に手配ができます。そして即日発送をしてくれる場所もあります。